正式に賃貸の契約を結ぶ前に確認しよう!

退去の際の連絡時期について

自分が住む賃貸物件が決まった際、正式に契約を結ぶ際に、きちんと確認しておくべきことが幾つかあります。
まずは、まだ入居もしていないのに必要なのかと感じる方もいると思いますが、退去の際の連絡時期についてです。平均的に、退去したいと思っている1か月前に連絡するようになっているのですが、物件によっては2か月前に連絡をして欲しいという契約内容になっている場合もありますし、書類の手続きが非常に面倒な場合もあります。
ですので、きちんと先々のことを考えて、退去時のことについて知っておく必要があるのです。これを怠ってしまうと、いざ退去したいと思った際の手続きに手間取り、二重に賃料を支払う羽目になってしまうことになりかねません。

クリーニング料について知る

また、トラブルになりやすいものとして、クリーニング費用についての特約があります。最初の手数料の中に含まれている場合もありますし、敷金から差し引かれる場合もあります。また、口頭では知らされていなかったにも関わらず、急に別途クリーニング費用を請求されるという場合もあります。
後々トラブルにならないようにするため、クリーニングについての特約事項について、きちんと話し合っておいた方が良いでしょう。原状回復のガイドラインについても、国土交通省で定められているだけでなく、他の事柄が追記されている場合もありますので、大家と借り手、どちらがどこまで負担すべきなのかということを、契約する前に確認しておいた方が良いのです。

北見の賃貸は、オートロック・防犯カメラ設置などのセキュリティー面が強化されている賃貸が多くあり安心して暮らすことができます。

© Copyright Housing Law. All Rights Reserved.